バイクを所有していると、避けて通れないのが 車検 です。

毎日乗っている人も、年に数えるほどしか乗らない人も

2年に一度、同じように車検を受けなければ、

自分のバイクに乗り続けることができません。

そしてその度に、決して安くない車検費用が必要になります。

ですから、長年バイクに乗っていても、車検の時期が近づくと気が重くなります。

車検になると、大半の人は当然のように、バイクショップに持ち込みます。

「2年に一度、バイクを点検してもらう」という感覚で。

ですから、部品の交換をすすめられれば、了承せざるを得ません。

え?.. と思いながらも「それじゃあ.. お願いします」と。

そもそも、どんな点検が必要なのか」「どんな検査を受けるのかさえ知らないのですから。

丸投げ状態なので、車検の費用はバイクショップの言いなり。

良心的でない店のカモになった人の話もよく聞きます。

そしていつも思います。

バイクの車検費用って、どうしてこんなに高いのだろう?

本当に必要な整備だったのだろうか?

あなたは車検のことを、もっと知りたいと思いませんか?

バイクに乗っている あなたなら『 ユーザー車検 』をご存知かと思います。

詳しく知らなくても、聞いたことはあるのではないでしょうか。

ユーザーが自ら車検を受検することを「ユーザー車検」と言います。

つまり、自分のバイクの車検は、自分で受けられるのです。

自分で点検したバイクを、最寄りの運輸支局持ち込んで検査を受ける。

ちょっとハードルが高そうに感じますが、それは決して難しいことではありません。

統計では、10%に近いバイクユーザーが、自分で車検を受けています。

ユーザー車検を受けている人と、バイクショップに出している人の違いは..

合格する方法を知っているかどうか、それだけです。

あなたは今日まで知らなかっただけ。

知ってしまえば、シンプルで簡単な検査であることに驚くでしょう。

そして、ユーザー車検の大きなメリットと、知らなかった故の思い違いに気付くはずです。

ユーザー車検のメリット

・車検費用が格段に安く済む。

・自分のバイクの状態を知ることができる。

・安全性に対する知識が得られる

・短時間で終わる。

・仲間にちょっと自慢できる

・自分のバイクに愛着が湧く

・不要な部品交換をしないで済む

ユーザー車検のデメリット

・自分でやる手間がかかる

・最低限の知識が必要

・不合格になる可能性がある

・合格しても安全性に不安が残る

・自分で交換ができない部品がある

・平日に休みを取る必要がある

ただ、デメリットと思われていることの大半は.. 思い違いです!

それでもユーザー車検がおすすめの理由。

自分のバイクの状態を知っておくのは、何よりも重要なことです。

バイクの整備不良は、そのまま事故に直結するからです。

ヘッドライトやウインカー、ストップランプの電球が切れている状態で、安全に走行することはできません。

また、タイヤがすり減っていたり、ブレーキが効かないバイクに乗っていれば、命がいくつあっても足りません。

バイクの状態は、乗り出す前に確認する必要があります。

点検は一手間、安全走行に直結する箇所をぐるっと確認するだけ。一分もかかりません。

当然のことですが、自分の安全は自分で守るのが基本です。

この安全走行のためのチェックポイントが、そのまま車検の点検箇所になります。

ですから、安全に走行できているバイクであれば、基本的に車検に受かります。

つまり、車検のための点検は、自分で簡単にできるということ

それだけで、車検費用を 2万円から4万円以上 節約することができます。

バイクの ユーザー車検に一発で合格する方法 があります。

一発で合格するというのは、当日中に合格することを指します。

車検では特定の箇所が不合格になった場合でも、最後まで検査を続けます。

なぜなら、車検では不合格になった箇所だけを再度検査すればいいことになっているので、一からやり直す必要がないのです。

再検査は、「不合格になった部分だけの検査」になります。

さらに、車検では一日3回まで受検できます。ですから、日中であれば2回まで再検査を受けることができます

この再検査があるので、当日中の対処が可能になるのです。

ただ、それには条件があります。

不合格の理由が、構造的な不適合や、点検漏れ、部品の破損などの基本的な不具合ではないこと。調整で再受験できるのが条件です。

なぜ対処できると言えるのか?

それは不合格になる可能性の高い検査箇所が、ほぼ予測できるからです。

そして、その対処法も存在します。

それにしても、今までの車検費用は高すぎた.. と思いませんか?

ユーザー車検なら車検費用を 20,000円〜40,000円 以上安くできます。

そう考えると、今までずいぶん損をしてきた気がしませんか?

ユーザー車検は決して難しいものではありません。やり方を知ってしまえば誰でも簡単に合格できます。

あなたも、ユーザー車検に挑戦しましょう!

ユーザー車検に合格するために必要な情報は、このマニュアルに記載しています。

バイクの安全点検に対する知識は、とてもシンプルですが、これからの安全走行に必ず役立つはずです。

おそらく、あなたの家族もバイクにはあまり好意的ではないでしょう。バイクは、あなただけの趣味ですし、客観的に見ても、あまり安全とはいえない乗り物だからです。

あなたの愛車は、あなただけの相棒。おそらく家族からは「趣味にお金をかけすぎ」とも思われているでしょう。

装備にも、保険にも、車検にも、確かにお金がかかります。

ですから当然、家になくても誰も寂しがりません。

だから、尚更あなたもバイクも肩身が狭いのです。

このままでは、あなたの愛車はいつまでたっても日陰者..

ユーザー車検で浮いたお金で、奧さんにプレゼントをあげましょう!

久しぶりに、一緒に旅行に行くのもいいかもしれません。

あるいは、自分のために、欲しかったヘルメットや、レザージャケットだって買えます

もし今回、奥さんのために使ってしまったら.. また次回の楽しみに。

初めてのユーザー車検は、挑戦する価値は十分すぎるほどあると思いませんか?

ちょっとだけドキドキするけれど、きっと久しぶりの楽しい冒険になるはずです。

さあ、バイクを連れて車検に行きましょう。

初めてユーザー車検に挑戦したマニュアル購入者の声です。

 16歳からバイクに乗っていますが、今回「一発合格マニュアル」を購入して、初めてのユーザー車検に挑戦してみました。

 結果は、検査よりも申請書類の記入や、運輸支局の敷地内にある別棟に印紙を買いに行ったりするのが面倒なくらいで、検査自体は予想以上に簡単に合格できました。

 いつもお世話になっているバイク屋さんには悪いのですが、前回の車検費用に比べて4万2千円程の節約になり、喜ぶと同時に、もっと早く挑戦していればと少々悔やんでもいます。

 自分のバイクはポイントになるパーツが全て純正だったためか、外観検査から検査ライン終了まで、10分もかかりませんでした。

 またマニュアルに書かれていた通り、ポイントはヘッドライトであることが、他の受検者を見ていて理解できました。

 全てにおいて、知らないというのは損なことだと実感した次第です。

西田雄三
京都府在住

* 掲載している内容はあくまでも個人の感想です。

・ユーザー車検に関する『よくある質問 』です。

 質問をクリックすると回答が開きます。

ユーザー車検の点検は難しいことは何もありません。

マニュアルどおりの手順でチェックして行けば、点検は5分もあれば終わるでしょう。

チェック項目は「ウインカーは点灯しているか?」「ハンドルロックはかかるか?」などで、特別な知識は必要ありません。

車検の合否に直結する点検項目は、マニュアルで特に詳しく解説しています。

バイクを安全に乗るには、日頃のチェックが基本です

スピードメーターが壊れていたりブレーキが効かないバイクに安心して乗ることはできませんし、マフラーに穴が空いていれば、暴走族かと思われます。

ヘッドライトが点灯しなければ夜走れませんし、ウインカーが切れていたら怖くて曲がれません。

また、ツルツルに磨り減ったタイヤでは命がいくつあっても足りません。

今のバイクの状態を知っているのは、あなただけ。

車検は、現在の自分のバイクが安全に走行できる状態かどうかをチェックするものです。

ですから、車検だからといってバイクショップに依頼する必要はありません。車検はシンプルなので点検は自分で簡単にできます。

自分でメンテナンスできない箇所は、車検以外の時に、必要な箇所だけを指定してバイクショップに出しましょう。

車検時に依頼すると、良心的でないバイクショップの場合は、必要のない部品交換をすすめられるなどして、かなりの確率でカモられます。

ユーザー車検がシンプルで簡単というのは、基本的にバイクがノーマル状態の場合です。

できるなら純正パーツに戻すことをおすすめします。

社外品のパーツに交換してある場合は、そのパーツが安全基準に適合しているか確認する必要があります。

外観や、灯火類、マフラーなどの基準値の詳細はマニュアルで解説していますが、社外品パーツの場合は、販売店か製造元に問い合わせてみた方がいいでしょう。

尚、当マニュアルサイトでは、個別の社外品パーツの適合性についての情報は持ち合わせておりません。

複数の改造を施したカスタム状態のバイクは、バイクショップに出した方がいいかもしれません。

車検のために揃える書類は、通常は自分で所持しているものです。

また、もし紛失したとしても、どれも再発行してもらえます。

当日に記入して提出する申請書類は、初めてだとちょっと戸惑いますが、マニュアルではそれぞれの書類の書き方を詳しく解説しています。

その通りに記入すれば問題ありません。

検査員に、ユーザー車検は初めてだと言ってください。

分からないことがあれば丁寧に教えてくれるはずです。何も知らない初心者として扱ってくれるので、私は毎回初めてだと言っています。

車検の点検項目はとてもシンプルです。社外品のパーツに交換していない限りは、特に何か聞かれることはありません。

バイクの各部の名称と、操作方法さえ知っていれば問題ありません

ノーマル車で、普通に走れていれば特に心配することはありません。

事前に、点検ポイントさえ確実にチェックしておけば、不合格になる可能性がある箇所は限られています。

不合格になりやすい箇所のチェック方法と対処法は、マニュアルで詳しく解説しています。

また、純正パーツを社外品に交換してある場合は、それぞれのパーツが安全基準に適合しているかどうかを確認する必要があります。

怪しい社外品のパーツは落ちる可能性が高いので、純正品に変えておきましょう。

車検では、特定の箇所が不合格になった場合でも、最後まで検査を続けます。

それは、車検では一定期間中は、不合格になった箇所だけを再度検査すればいいことになっているので、一からやり直す必要がないのです

検査は一日3回まで受けられます。

ユーザー車検は、不合格でも当日中であれば2回まで無料で検査可能です

しかし場合によっては、残り時間がなかったり、車の不合格箇所の整備や部品交換が、当日中に不可能という状況もありえます。

そのような場合は、限定自動車検査証があれば、後日再検査を受けることができます。

限定自動車検査証の使い方はマニュアルで詳しく解説しています。

テスター屋予備車検場は、呼び名が違うだけで同じ店です。

ただ、名前は同じでも店舗によって規模や設置されている検査機器が違うため、可能な検査内容はそれぞれ異なります。

最寄りの予備車検場で、希望の検査が受けられるかどうか 事前に確認しておきましょう。

最寄りのテスター屋がどこにあるかは、当マニュアルで一発検索できます

再検査に行くことができない場合は、バイクショップか、代行業者に頼みましょう。

不合格箇所以外に問題がないことは明らかになっているので、余計な部品交換をすすめられる恐れはありません。

車検の代行料だけで済みます。

車検の代行料は2万円前後、ただ検査場に持っていくだけなので、やってくれる店はいくらでもあります。

車検はシンプルな検査です。

ユーザー車検に興味はあっても、

メンテナンスに自信がないし、何となくハードルが高そうだ..

もしかして、そんな理由で躊躇していませんでしたか?

でも、実際には難しいことなど何もありません。

 ユーザー車検は、何をするか知ってしまえば、驚くほどシンプル。

誰でも簡単に合格できます。

ユーザー車検は、ポイントさえ押さえれば、あなたが思っている以上に簡単な検査です。

通常であれば、点検は5分で十分、受検の準備は一日あれば完了します。

ユーザー車検に、経験や整備の知識は必要ありません。

当マニュアルでは、バイクの点検箇所ユーザー車検の予約申請書類の記入方法受検の際に気をつけるポイントトラブル対処法、等を詳しく解説しています

さらに写真や動画で検査ラインの予習も可能です!

手順に沿って一つずつチェックしてください。

オーバー50のためのバイク車検マニュアル

私も含めて、ある程度以上の歳になってくると、無難な選択が身についてきます。

どちらかというと、あまり冒険はしたくありません。

ですから、ユーザー車検に興味はあっても..

・なんとなく、面倒。

・落ちたらカッコ悪い.

・2年に一度のことだし..

でもここで、ちょっと気合を入れなおして、一度挑戦してみせんか?

やってみれば、どうということはありません。準備さえしておけば、いとも簡単に終わります。

ユーザー車検で、あなたのバイク生活はもっと楽しくなるはずです。

必要なのは、ほんの少しの冒険心だけ。

このマニュアルに記載されているのは、ユーザー車検に必要な情報と、場合によっては必要になる可能性のある情報です。

そして、これだけ知っていれば、まず 何があっても安心です!

マニュアルサイトならではの インタラクティブなコンテンツ

探したい情報がすぐに見つかります

サイトの情報が最新であることを確認していますサイト責任者

ご購入日より 90日間 メールでのご相談をお受けいたします。

何なりとご相談ください。

できる限り迅速に全力でサポートいたします。

尚、サポートの回数は期間内に4回までとさせていただきます。

(60歳以上の方については、車検以外のご相談もお受けいたします)

尚、カスタムマニアによるマニアックな質問にはお答えできません。

また、社外品パーツの適合性に対する知識はございません。

万が一、当サイトの手順通りに準備して車検に臨んだ結果、不合格だった場合。

商品代金を全額返金させていただきます。

【返品時期】 ご購入後 90 日以内にご連絡があった場合に返金可能となります。

【返品方法】 メールにて返金要請してください。 30 日以内にご購入代金を指定の口座へお振込いたします。

不合格の条件が以下の理由による場合は、返金保証の対象にはなりません

  • バイク本体の構造的な不具合が原因の場合
  • 社外品のパーツが不合格の原因の場合
  • パーツの傷・破損・劣化・磨耗が原因の場合
  • 当日に簡単な追加整備で合格が可能だった場合

当日受験して不合格になったことが証明できるものが必要です。

*不合格になった個所が明示されている書類の写し

  1. 受験当日に発行された限定車検証の写し
  2. ショップに依頼して車検を取った場合は、その際の明細書と領収書の写し
  3. 新しい車検証の写し

 *不合格箇所があった場合、その詳細が自動的に書類に記載されます

当サイトでしか絶対に手に入らないような『オリジナル特典』をプレゼントします。

特典情報は、ご希望の方にメールにて配信させていただきます。

初回は、申し込み時に『動画で見る検査ラインの一部始終を。

次回は、バイク保険を半額にする裏技的節約法』.. などを6回にわたってお届けいたします。

どれも当サイトのオリジナル情報です。

【特定商取引法に基づく表記】

販売者名 池田聖之
住所 東京都江東区亀戸1-36-4 宇梶ビル310
電話番号 08031741853
メールアドレス support@my-bike.net

・上記アドレスは、迷惑メール対策のため、全角の「@」で表記しております。
  お問合わせの際は「@」を半角の「@」に変更してご利用ください。
販売URL https://try60s.com
お支払い方法 クレジットカード
銀行振込 (前払い)
コンビニ決済 (前払い)
BitCash
ちょコムeマネー
販売価格 9800円 (税込)
商品代金以外の
必要金額
・振込の場合、振込手数料
・コンビニ決済の場合、コンビニ決済手数料
お申込み有効期限 14日以内にお願いいたします。
14日間入金がない場合は、キャンセルとさせていただきます。
商品引渡し時期 【ダウンロード販売】
 代金決済完了後、14日以内に infotop ユーザーマイページよりダウンロードください。
商品引渡し方法 infotop ユーザーマイページよりダウンロード
返品・不良品について 【返品対象】
当サイトの手順通りに準備して車検に臨んだ結果、不合格だった場合。

(不合格の条件が以下の理由による場合は、返金保証の対象にはなりません)
・バイク本体の構造的な不具合が原因の場合
・社外品のパーツが不合格の原因の場合
・パーツの傷・破損・劣化・磨耗が原因の場合
・当日に簡単な追加整備で合格が可能だった場合
・車検を受けなかった場合

【返金申請時に必要な書類】
(当日受験して不合格になったことが証明できるものが必要です)
・*不合格になった個所が明示されている書類の写し
・受験当日に発行された限定車検証の写し
・ショップに依頼して車検を取った場合は、その際の明細書と領収書の写し
・新しい車検証の写し
 *不合格箇所があった場合、その詳細が自動的に書類に記載されます。



【返品時期】
ご購入後 90 日以内にご連絡があった場合に返金可能となります。

【返品方法】
メールにて返金要請してください。
30 日以内にご購入代金を指定の口座へお振込いたします。
表現、及び商品に
関する注意書き
本商品に示された表現や再現性には個人差があり、
必ずしも利益や効果を保証したものではございません。
Created by infotop